人数で決める

景品を配る人数とかが少ないような場合(例えば、人数が10人以下の単人数の場合など)には、やはり、最初に人数分の予算の目安が取りやすいといった面もありますので、人数での相場を決めたりするのが、予算のあり方の基本といえます。このため、景品分の予算の決め方なども、割とスムーズに進むような感じもします。

一方、二次会の参加者人数が30名以上もの大人数という規模の単位になると、また話が異なってきたりする場合も少なくはありません。
二次会景品の定番 商品券その人数分という人員の数がある分、景品そのもののパターンやバリエーションなどが、二次会本番時において参加者自身による選択も可能な催しなども急遽なされたりするような場合も考えられたりしますので、そうした事態にも対応が出来るような態勢を、幹事担当者としては採っておく必要性といったものがあります。

確かにこの場合でも、人数で景品の在り方を決めるといったような面もありますが、やはり先程も話したように、単人数規模での二次会などの場合とかとは明らかに異なります。
以上のように、二次会での景品選びといったものをしていくやり方というものは、その時の人数規模を基本にして、その集まりにおいての全体的な人員の平均的な趣向を踏まえたうえで二次会景品を決めていくという流れが、ベストかもしれません

予算から決める

今話したように、ネット通販などを利用して、空き時間に商品注文などを一度に、リアルタイムで人数の分だけ購入フォームから注文が可能な点が、ネット通販においての大きな魅力であることは、今述べた通りです。ただ、やはり注文前にその分の予算を準備しておかなくてはならないといった点では、従来からのお金集めのやり方は変わりがありませんので、二次会の幹事担当の方としては、この事について、前もってようく理解をしておくことが、必須といえます。

二次会景品の予算そして、幸いな事にも、現在は特に、様々な形態でのインターネット環境のあり方がかなり普及をしているような時代ですので、モバイルやPCなどの端末を利用した送金システムによる集金作業とかは、かなりやりやすいかもしれません。
それでもやはり、責任は幹事担当者としては重いといえますので、お金を扱う以上はそれなりの責任を持ちながら、予算の配分や計算作業などをしていく工夫を考えていかなくてはなりません。
集金が終わり、集めた予算の中から景品分の経費の算出をしていく流れとなります。
ただ、必ずしも集めたお金の予算のみで賄い切れるという確実性の保証はありませんので、何らかの形での幹事ならではの危険負担などがあり得ることについては、覚悟が必要かもしれません。


リンク|二次会景品販売[マイルーム]
予算から二次会景品を注文できる通販サイトです。